五味太郎作品展[絵本の時間]

2015.10.12.Mon.22:00
北海道立釧路芸術館で、
五味太郎作品展[絵本の時間]を見て来ました。
五味太郎作品展2015年10月

色遣い、言葉のおもしろさ、表情のかわいさ・・・、
見ているだけで癒やされる、大好きな世界です
クスッと笑えたり、温かい気持ちになったり、
一枚一枚を、とても楽しく見ることができました。
原画は、紙質やインクの色を見ることができるので、
絵本で見るのと、また違った、やわらかい雰囲気を感じることができます。

また、絵本は活字が入っていますが、
その位置や書き方が絶妙
そばに置いてあった絵本と原画を見比べながら、
楽しみました。

小さなお子さん達が、会話をしながら観覧している姿もちらほら。
言葉がぽんぽん飛び出てきて、
自然に会話が生まれる作品展って、素敵だなぁと思いました。
五味太郎さんの絵が、
お子さんの心にストレートに届いているんでしょうね。
小学生以下観覧無料(要保護者同伴) です。
大人は童心に返れるかもしれません。

見終わった後、気持ちが軽くなったような、
ちょっと楽しい気分
『ぐりぐりくん』と『きんぎょがにげた』を思い出しては、
クスッと思い出し笑いしています

標津サーモン科学館

2015.08.26.Wed.19:00
先日、久しぶりに標津サーモン科学館に行って来ました。
北海道には水族館が沢山ありますが、
我が家から一番近い水族館です

名前の通り、サケのことならおまかせ、という水族館。
サケ科魚類を見るだけでも楽しめますが、
チョウザメも沢山飼育されていています。

チョウザメのいる水槽に手を入れると、
餌と思ってパクリと指を食べる、指パク体験もできます。
サーモン科学館2015年8月
チョウザメ水槽の前は、お子さん達で大賑わい。
そんな中、一緒に手を突っ込んで、
私もパクッ!されてきました。
それも一番大きいボスに
そして、カードをいただいちゃいました~

北海道は、すでに夏休みは終わっていますが、
多くの種類のサケを実際に見ることができるので、
夏休みの自由研究でサケやチョウザメについて調べてみる、
なんてのも良いかもしれません。
これからの季節は、サケの遡上も見られます。

サーモン大好きな私、
お気に入りの水族館です

夢の絵本空間展

2014.10.04.Sat.07:00
釧路市立美術館
『夢の絵本空間展』を見てきました。
夢の絵本空間展
「剣淵町絵本の館」コレクションの中から、
国内外の絵本の原画が展示されています。

とにかく、かわいい
絵本で見るよりも、筆遣いがよりはっきりと感じられ、
色遣いにワクワクし、
絵のかわいさやおもしろさも重なって、
どんどん作品に引き込まれます。
まさに、夢の絵本空間
明日、10月5日(日)までやっています。

標津サーモン科学館

2014.03.10.Mon.13:00
標津サーモン科学館に行ってきました
サーモン科学館2

サケ・マスの展示はもちろんのこと、
それ以外にも色々います。
右下の写真は、オオカミウオ。
サーモン科学館4

クリオネやドクターフィッシュもいます。
サーモン科学館1

そして、沢山飼育されていて驚いたのがこちら。
サーモン科学館3
チョウザメです。
屋内で飼育されていたのは、小さいサイズでしたが、
外には2mくらいありそうな、大きなチョウザメもいました。
そして、チョウザメに指をかじられると、
『指パク体験証明書』がもらえるんです
・・・ということで、
餌じゃなくてごめんねぇ~、なんて言いながら、
私もパクッとしてもらいました。
歯はないので、とっても優しい感触です

さらに、
展望台からの眺めも最高です。
ぐるりと360度見ることができます。
知床や野付半島方面もきれいに見えました。
サーモン科学館6

こちらは、国後島。
サーモン科学館5
写真だと小さくなってしまいますが、
山も島もとても近く感じました。

お天気にも恵まれ、
最高のドライブ日和でした

釧路芸術館へ

2012.06.19.Tue.22:00
先日、道立釧路芸術館へ行ってきました。

6月27日まで、
チカップ美恵子展
~アイヌ文様刺繍と詩の世界から~
が行われています。
チカップ美恵子展

博物館等で、アイヌ文様や刺繍を目にすることはありましたが、
私が今まで見たことのあるものとは違い、
とても鮮やかな色彩で表現されていました。
自然を表現した作品が沢山展示されています。
原画やイラストも展示されていて、
作品を作る課程を、垣間見れた気がします。

« Prev | HOME | Next »