富貴紙

2017.06.25.Sun.23:00
釧路市音別町で作られる、
蕗(ふき)を使った和紙『富貴紙(ふきがみ)』。
先日、すき紙体験をしてきました。

富貴紙 漉き体験

蕗は音別の特産品。
とても大きな蕗です。
蕗の皮を使って作られる和紙は、全国でも音別だけ。
なんと、音別の小・中学生は、卒業証書が富貴紙なんです

北海道で暮らすようになってすぐ、富貴紙の存在を知り、
是非欲しい!使ってみたい!と思いました。
でも、職人さんが少なくなってしまい、
ずっと販売されていなかったんです。

いつか販売される日が来ないかと、
勝手に、願って願って、願い続けていたのですが・・・、
なんと、近々販売になります。

販売になるとのニュースのあと、
ワクワクして待っていたのですが、
待ち焦がれすぎて、ついに待ちきれなくなり、
体験学習センターで、すき紙体験してきちゃいました

職人さんのように上手にはできないので、
厚さにムラがあるのですが、
そういうことも面白かったりして、
楽しい体験となりました。
体験では、作りやすいように蕗の比率を変えているそうで、
販売になったら、その違いも見てみたいと思います。

今回作った紙で作品を制作中。
今週末の道新文化センターの総合発表会で、
生徒さんの作品と一緒に展示しようかな・・・と。

もっともっと富貴紙が知られるようになって、
普及していきますように。
そして、ずっと販売され続けますように。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示