FC2ブログ

江戸の遊び絵づくし展

2019.05.27.Mon.01:00
先日、北海道立釧路芸術館で行われている、
『江戸の遊び絵づくし展』を見て来ました。
釧路芸術館 『江戸の遊び絵づくし展』3

江戸時代のユーモアのある絵が見られます。
釧路芸術館 『江戸の遊び絵づくし展』1

釧路芸術館 『江戸の遊び絵づくし展』2

パッと見ただけでも面白いのですが、
わかりやすい解説が書かれていて、
じ~っと見入ってしまう絵がたくさん。
とても楽しめました。

6月19日(水)まで。
保護者同伴であれば、小学生以下は観覧無料です。
そして、展示室内は写真撮影OKです。
スポンサーサイト



標茶町博物館 『ニタイ・ト』

2018.07.15.Sun.23:00
7月1日に、標茶町博物館『ニタイ・ト』がオープンしました。
標茶町博物館

歴史や自然に関する展示が見られます。
中でも、飯島一雄氏の昆虫標本は目を引きます。
このエリアに、こんなにも沢山の昆虫がいるのかと、驚きました。

建物の裏には、二宮金次郎像。
二宮金次郎像
私が通っていた小学校にもあったことを思いだし、
懐かしくなりました。

チェブラーシカ展

2018.06.11.Mon.23:30
現在、釧路市立美術館でチェブラーシカ展が行われています。

チェブラーシカ展

原画のチェブラーシカは、どれも愛嬌があって、
と~ってもかわいいです。
物語の部分は、振り仮名が振ってあり、
小さいお子さんでも読むことができるようになっていました。

2018年6月24日(日)まで
午前10時~午後5時(毎週金・土曜日は午後8時まで)
休館日:月曜日
当日券700円
大学生以下は無料です。

「北加伊道・松浦武四郎のエゾ地探検」 絵本原画展

2018.04.28.Sat.20:00
釧路市立博物館で、
「北加伊道・松浦武四郎のエゾ地探検」
関屋敏隆 絵本原画展

が行われています。
釧路市立博物館 企画展 関屋敏隆 絵本原画展

北海道の名付け親である、松浦武四郎について知れると共に、
当時の人々の生活を学ぶことができる絵本です。
型染版画で描かれた絵本の原画は、初めて見ましたが、
とても素敵な原画でした。

釧路市立博物館マンモスホールにて
2018年6月3日(日)まで行われています。
9:30~17:00
月曜休館 《4月30日(月)は開館、5月1日(火)は休館》
入場無料です!

『安野光雅の世界』展

2017.10.10.Tue.05:00
北海道立釧路芸術館で
『空想と旅の画家 安野光雅の世界』
を見て来ました。
『安野光雅の世界』 釧路芸術館

安野光雅さんの絵の、
色使いや、かわいらしさが大好きで、
とても楽しみにしていました。
美しいだけでなく、かわいいだけでなく、
ユーモアもあって、繊細で、
どの絵にも釘付け
キュレーターさんが解説してくださって、
より楽しく見ることができました。
子供も大人も楽しめる絵本の世界です。

11月12日(日)まで行われています。
 | HOME | Next »