富貴紙

2017.06.25.Sun.23:00
釧路市音別町で作られる、
蕗(ふき)を使った和紙『富貴紙(ふきがみ)』。
先日、すき紙体験をしてきました。

富貴紙 漉き体験

蕗は音別の特産品。
とても大きな蕗です。
蕗の皮を使って作られる和紙は、全国でも音別だけ。
なんと、音別の小・中学生は、卒業証書が富貴紙なんです

北海道で暮らすようになってすぐ、富貴紙の存在を知り、
是非欲しい!使ってみたい!と思いました。
でも、職人さんが少なくなってしまい、
ずっと販売されていなかったんです。

いつか販売される日が来ないかと、
勝手に、願って願って、願い続けていたのですが・・・、
なんと、近々販売になります。

販売になるとのニュースのあと、
ワクワクして待っていたのですが、
待ち焦がれすぎて、ついに待ちきれなくなり、
体験学習センターで、すき紙体験してきちゃいました

職人さんのように上手にはできないので、
厚さにムラがあるのですが、
そういうことも面白かったりして、
楽しい体験となりました。
体験では、作りやすいように蕗の比率を変えているそうで、
販売になったら、その違いも見てみたいと思います。

今回作った紙で作品を制作中。
今週末の道新文化センターの総合発表会で、
生徒さんの作品と一緒に展示しようかな・・・と。

もっともっと富貴紙が知られるようになって、
普及していきますように。
そして、ずっと販売され続けますように。
スポンサーサイト

流氷

2017.04.04.Tue.21:00
釧路に流氷が来ています。

昨日、千代ノ浦から撮った写真です。
流氷1

カメラ目線のカモメさん。
流氷&カモメ

写真を撮っていたら、
近所にお住まいのおばあちゃんが
話しかけてくださいました。
90歳とのこと。

見ず知らずの私に色々話してくださいました。
私も楽しくなって、釧路の昔のお話など、
ついつい時間を忘れてお聞きしてしまいました。

私は流氷を見るのが初めてでしたが、
おばあちゃんも初めて見たとおっしゃっていました。

そして、『たま~に通るの』とお聞きした臨港線。
車に乗る直前に、偶然目の前を通っていきました。
石炭を積んで走る列車です。
臨港線

流氷と臨港線

少し前に出始めた霧の中に、列車が消えていきました。
おばあちゃんとおしゃべりしていなければ見られなかったので、
うれしいおまけ。
おばあちゃん、ありがとう~

鶴の舞

2017.03.01.Wed.22:00
先日、ツルのダンスを見ることができました。
それも、比較的近い位置で。

鶴のダンス1 2017年2月

鶴のダンス2 2017年2月

息の合ったダンス、とてもきれいでした

初日の出

2017.01.02.Mon.05:00
昨日は、初日の出を見てきました。

一番気温が低い時間帯。
めいいっぱい着込んで出かけたのですが、
寒いのを通り越して、色んな場所が痛い
少々雲がかかっていたので、
日の出の予定時刻よりも若干遅くなってしまい、
「早く出てきて~」と心の中で叫んでいました。
寒さに耐えて見た初日の出がこちら。
厚岸湾から望む初日の出です。
2017年 初日の出

帰りがけ、ツルにも出会いました。
2017年元旦 ツル
酉年の最初の日にツル・・・何だか嬉しい。
良い一年になりますように


遡上

2016.09.16.Fri.23:45
サケの遡上が見られるとの噂を聞き、川へ
サケの遡上2016年9月2
産卵のために遡上してきた
大量のサケを見ることができました。
パッと見える範囲だけで、
200匹以上いたかと思います。
みんな体は傷だらけ。
最後の力を振り絞って、
必死に川を上ってきたサケ達です。
 | HOME | Next »